Blog

2018/04/19

DV,ハラスメントなぜ起きるの

top

ブログを書かなきゃと、焦る気持ちと裏腹に何故か書けない、気持ちが乗らない。こんなジレンマに陥ってる毎日でした.

昨日、今日とマスコミ報道を賑わしている、事務次官からセクハラを受けた女性記者の告知問題。昨日までは被害者を全面に出す必要無し、いや 出さなきゃ話にならん。こんな駆け引きが繰り広げられていました。一夜明け、女性記者のバックグランドであるテレビ朝日社が、女性社員をここまで追い込んだ非を詫び、全面的に記者を守り、近く財務省に正式に抗議するという。久々に胸のつかえがほんの少し下がった報道です。

 

男と女しか存在しない地球上でいつまでも無くならない多種多様なハラスメント、そして「力と支配」で駆使するDV。

DV加害者更生支援に係る者として、妻に去られた夫の臍を噛む思い、なんて恥ずかしい事をしてしまったと嘆く夫達と向き合う日々、いかなるDV、ハラスメント(気が付かないで加害者になる事多し)も、のめりこむ程牙城は崩れ去ると思い知ってほしいと願うばかりです。

 

今回の一連の報道は女性の立場を前向きに考えられる一筋の光かなぁ、と思うと同時に女性も一昔前の泣き寝入りするイメージ像とはかけ離れ、一言で強くなりました。履き違えないで!と思わず言いたくなるほどです。

女性と男性の特性をいかに上手く掛け合わせ実態を作り上げて行くか、本当の男女平等はここからなんでしょうね。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フォロワーシップA
http://www.followership-a.org/
TEL:090-7906-2609
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
totop